pas mal な毎日 2



11月前半の土いじり

こんにちは、聡です。
f0384520_22205703.jpg
パルマすみれ、ここのところ種を結ぶだけだったので、花が咲くのを忘れてました。
花も葉も、すみれじゃないみたい。
f0384520_22274195.jpg
肥後すみれはお花忘れて、こちらも種をせっせと。
f0384520_22242763.jpg
うちの“すみれ”達は今年は、たった10鉢。悲
f0384520_22254112.jpg
かろうじて本日12日、定植の運びです。
f0384520_22460563.jpg
多年性のかすみ草。
f0384520_22291918.jpg
ぽそぽそながら、全30苗へたれる事無くお育ち中なこちらは。
f0384520_22304419.jpg
根元に仄かな赤み、すでに赤玉ねぎの素性ありあり。
f0384520_22344976.jpg
白菜、ではなく、ロメインレタスと申します。
レタス・・、にしてはしっかり者な葉っぱ。
f0384520_22430829.jpg
半月経って、いよいよ土部分が隠れる程度に。
トレビス、大きくなるのを止めて、黙々と巻き始めたもよう。
セロリは、葉がたくさん展開中、これがすっくと立ち上がるのは何時なのかな。
f0384520_22513468.jpg
最後に多肉ちゃん、新入り二点。
やっぱりぷくぷく形が好き。
f0384520_23021592.jpg
お花咲くのね(驚)気がつかなかった・・、ごめんよ~。


[PR]
# by nyan924 | 2018-11-12 23:03 | 土いじり | Trackback | Comments(4)

福祉施設にて

こんにちは、聡です。

2015年夏の終わりから踏み込んだ雅楽の森を、踏み迷わぬように、自衛の覚書です。
訂正のご指摘など大歓迎です、どうか優しく教えてやってくださいませ。
f0384520_21410660.jpg
∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞∞※∞※∞※∞
今日は、ご年配の福祉施設へ慰問させて頂きました。
f0384520_21492736.jpg
我々雅楽会の3名、それに先日大祭で浦安を舞った舞姫さん方4名とご一緒しました。
会場のご年配からしたら、お孫さんかひ孫さんのような舞姫さんが可愛らしいこと。
f0384520_21534942.jpg
開催に先立って、まずは本日の日にちから確認をするんですね、ともすれば日付が曖昧に
なるのを引き止める大事な作業←我々だって怪しいですけどね~。^^;

越殿楽に続いて、赤とんぼにたき火など季節の曲を雅楽の楽器に乗せて歌って頂きました。
質問コーナーも積極的にお尋ねされたりで、中には認知証の入った方もいらっしゃるとの事、
そういう方も場をご一緒する事が大事なのだと思います。

さて、終えて片付けていました。
すると、そばにお一人やっていらして、
「良かったですよ。」と手をぎゅっと握って下さるのです。
聞けば母が生きていれば同じ位のお歳、普段こうして触れる事もなくって、何だか胸が一杯。
慰問、何か差し上げるつもりで伺った私でしたが、ふんわり包まれるようで、私の方が
いいものをたっぷり頂きました。

お元気でいらしてください、ありきたりですけど。^^


[PR]
# by nyan924 | 2018-11-11 22:24 | お稽古 | Trackback | Comments(2)

お芋さんを頂いたので

 こんにちは、聡です。
f0384520_00094569.jpg
我が家にお芋さんが来たので、お砂糖とお塩塗して15分。
この時点で分かったあなたに、1個進呈!
したい・・。^^
f0384520_00115973.jpg
シートを切って、下準備終わり。
f0384520_00132179.jpg
蒸し器、久々引っ張り出しました。
実家のを貰って来たのでかれこれ50年の古参、まだまだ現役。
f0384520_00143283.jpg
蒸気が上がるまでに、小麦粉振り入れ。
f0384520_00190442.jpg
整列。
f0384520_00201518.jpg
20分で蒸し上がり。
f0384520_00210101.jpg
がっつりお稽古した後、腹ペコのみんなの虫養い出来あがり♪


[PR]
# by nyan924 | 2018-11-10 23:56 | よしなしごと | Trackback | Comments(10)

’18第70回正倉院展 お土産編

こんにちは、聡です。
お国の倉庫、正倉院に伝わる御物の数々に、今年も会いに行って参りました。 
f0384520_12164475.jpg
居るでしょ?
∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞∞※∞※∞
鹿ちゃんのお話を少し。

上の画像、さるお店にまで入り込む鹿、これにはワケがあって。
f0384520_12193409.jpg
店内一角に、鹿ちゃんのランチコーナーが設けてあるんです。
机の届かないところには、野菜の切れ端が溜めてあります。
f0384520_12222688.jpg
鹿せんべいもいいけど、やっぱりフレッシュな野菜よね、と鹿も申しとります。^^
f0384520_12273136.jpg
ついでに宣伝してしまおう、ここは大仏殿すぐに店を構える、森奈良漬店。
f0384520_12353726.jpg
瓜まるごとをお勧めしますが、刻み漬けは刻んだ瓜に塗した粕ごと食べられて美味しい。
もっともうちの御大は、ここまで刻まれてしまうと食べ応えがなくて、と不評でした。
このお店は酒精の自然な甘味、ご飯にだったらもう少し甘い方が。
f0384520_12424624.jpg
続けてお菓子、正倉院展記念の羽二重餅、右は御当地吉野の葛餅。
f0384520_12445372.jpg
御大には好評で、わらび餅とは一線を画すとご満悦で良かったです。
f0384520_12472286.jpg
奈良と言えば、奈良漬と双璧が柿の葉寿司。
博物館界隈で手に入れ易い「ゐざさ」が、ここのところのお土産だけれど、もっと美味
しい所あるのかも。^^;
f0384520_13010331.jpg
さて、前後しましたが素通りできぬは、博物館地階の博物美術館グッズ。
何は無くともカレンダーと図録。
表紙を飾るのは今回の目玉・・、あ・・、今回の目玉の御物をupするのを忘れてた!
昨日の記事に追加しますね。

お土産、続けます。
f0384520_14501312.jpg
誕生月の9月が美しい如意で、ちょっと嬉しい。
f0384520_13404062.jpg
スティックタイプのお香、印香を探したけれど、あいにく。
名前にも惹かれました、沈香香ります。
鹿ちゃんの角のロゴがイケてる。^^
f0384520_13430475.jpg
京都、松栄堂のでしたか、お寺さん神社好きにお勧め、ですと。^^
f0384520_14562616.jpg
好きかどうかはともあれ、面白グッズ見っけ、般若心経をプリントした、ガーゼのてぬぐい。
f0384520_14590095.jpg
散華を、もう一度、四季折々と、蓮のつぼみ。
バスのお隣の方から何に使うのか問われて、しおりにでもと答えて、はてそれでいいのかと
帰宅してから調べたら、持ってるだけでもお守りになるんだとか。
f0384520_15013763.jpg
裏に興福寺。
記念になりました。


[PR]
# by nyan924 | 2018-11-09 15:04 | 美のかけら | Trackback | Comments(6)

’18第70回正倉院展 ③天平の木、金工芸

こんにちは、聡です。
お国の倉庫、正倉院に伝わる御物の数々に、今年も会いに行って参りました。
f0384520_20094252.jpg
足の畳み方が家の猫とおんなじ、四足は皆そうなんでしょうか。^^
∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞∞※∞※∞

当時の技術の粋を凝らした木工品や金工品は、天平びとの仏様への敬いを形にした物です。
f0384520_20120991.jpg
何とも愛らしいこれは。
f0384520_20124297.jpg
沈香木画箱 じんこう もくが のはこ(献物箱)12,0×33,0×8,9cm
柿材の上に沈香の薄板を張ったもの、床部には透かし彫りの象牙。
f0384520_20271898.jpg
上から、二頭の霊獣、双鳥(おしどり?)二頭の麒麟などの、彩絵を施した周りを木画
(箱根の寄木細工と同じ)で矢羽根文をめぐらし、更にその上から水晶板で覆って、水晶
越しに見せる意匠を凝らす、と何とも細やかな拵えが見られます。

沈香や紫檀など貴重な材を使い、様々な工芸技術が駆使されているこうした容れ物の
多くは献物に因んで使われ、仏さんへの敬いを形で示していると言えます。
f0384520_13051632.jpg
玳瑁螺鈿八角箱 たいまい らでん はっかくばこ(献物箱)39,2×12,7
ウミガメの甲羅、玳瑁を張り巡らした上に螺鈿で表された模様は、先の鏡の螺鈿とも
共通した意匠に見えます。
f0384520_20312049.jpg
粉地銀絵花形几 ふんじ ぎんえの はながた き(献物用の台)41×50×10,3
こちらも、献物に因んだもの。
宝庫に全27基あると言う、多くの美しい彩色の台を見てきている中で、この白の顔料を
塗り銀で描いたシンプルな美しさには一際惹かれました。
f0384520_21041853.jpg
佐波理加盤 さはりの かばん(かさね鋺)
入れ子になった食器は、仏さんへのご供養、飯・麦・水・酒などを盛ります。
銅の合金の佐波理の食器類は、法隆寺にも伝わっていて、寺院で供養具として使われて
いた事が窺えるそうです
f0384520_20485913.jpg
銅匙 どうのさじ 長20~25cm
こちらも佐波理 さはり で、上記もこちらも新羅舶載品ですが、寺院周辺ではなく、
使用者は貴族で、発注をしたリストが残っています。
f0384520_21171596.jpg
未造着軸 みぞう ちゃくの じく(未使用の巻物の軸)
お経などの末尾に取り付ける軸木。
f0384520_21294983.jpg
無造作に味あり。^^
f0384520_20484126.jpg
如意二点。
上:犀角如意 さいかくのにょい 長58,0cm
下:玳瑁如意 たいまいのにょい 長49,8cm
儀式の時に僧侶が手に持って威儀を正す仏具。
犀角(サイの角)たいまい(亀の甲羅)

宝庫には他に鯨の髯製もあって、動物由来の如意が好まれた事が窺がえると。
如意の中でも白眉の美しさ、最後に画像をお借りします。
f0384520_21574946.jpg
アフター正倉院展はこれでお仕舞い、長々楽しませて頂きました。
ご覧頂いてありがとうございました。


[PR]
# by nyan924 | 2018-11-08 22:01 | 美のかけら | Trackback | Comments(4)


御大(夫)とみゅた(猫♀)との、 ぱ まる(まずまず)な日々の覚書
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
みゅうママさん、こんにち..
by nyan924 at 11:09
聡さん👋..
by myumama3434301 at 09:28
abaさん、おはようござ..
by nyan924 at 07:27
えっ!? 多肉のグリー..
by aba-n-c at 23:45
もゆさん、こんばんは。^..
by nyan924 at 20:40
「何か差し上げるつもりで..
by happy_go_luky at 19:49
みゅうママさん、こんばん..
by nyan924 at 22:39
先程は、柚子ピールのコメ..
by myumama3434301 at 22:10
みゅうママさん、こんばん..
by nyan924 at 19:45
聡さん👋..
by myumama3434301 at 10:52
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧