pas mal な毎日 2



やっぱり、ひび・・?

こんにちは、聡です。
f0384520_21211507.jpg
無事に西に帰って来た・・、と言うのはちょっとばかり語弊がありまして。
と言うのは帰路東京駅構内で、スーツケースを持った同士接触して、私はと言えばそこで
転びたくない!とばかり踏ん張った訳です。

ケースに轢かれた^^;左足先がそれなりに痛くて、かと言って歩けない訳でも全くなく
ゆ~っくりながら帰って来ました。

丁度1週間経た今日、腫れは引きつつあるも、第4指だけ痛みが残っていて、週末週明けの
行事を終えた事も手伝って、ようやく病院へ足を運びました。

お約束通りレントゲンを待つ間、まぁ、ひびくらいこしらえたかもなぁ、と。

で、診察室に再度招じ入れられ見ると、でかでかと私のものとおぼしき足の指のX線写真。

「はい、一目瞭然、折れてますね。」
「は?ひびの間違いでは?それに骨折って、その割りにちっとも痛くなかったですけど。」
「螺旋骨折起こしてます。放っとけばいつまでも痛みが続きます。まあ一月で繋ぎ始めて
2月で完治ですかね。」

痛くなかった、何ぞという主観は一顧だにされずさくさくと診察終了、続いて処置室行き。
次回は経過観察で2週間後。

螺旋と言うのはひねってできる、と言うことは、あそこで踏ん張らずに素直に転んでいたら、
こうはならなかったかもしれませんね、その代わり、別のとこを打ってたとは思いますが。
f0384520_21482540.jpg
ぽっちゃり腫れ中の、見目悪い画像で何ですが、隣の指が副木代わりに一緒に巻かれた
とてもライトな処置に拍子抜け、動き易いのはありがたいのですけど、調子に乗って
躓かないように。

人生初の骨折、ん?これって骨粗鬆の前触れ?
う、う~~ん。


[PR]
# by nyan924 | 2018-09-25 22:11 | よしなしごと | Trackback | Comments(12)

まみぃ、東へ

こんにちは、聡です。
f0384520_22520089.jpg
BBAミッション初日は連休最終日。
このミッションと言うのは、息子夫婦、赴任先の中国へ家捜し・・、文字通り住処を決めに
家を空ける、その間まるっと3日間は、私ことまみぃが保護者であります。
できるのか?私・・、ともあれまずは時間を幼児のゆっくり時間に変換^^します。

なぁんて思ったのは杞憂、この5歳児ちぃちゃんが頼りになるなる。
これこの通り、お掃除なんてお遊びの延長。
f0384520_22594135.jpg
なかなか根気良く、しかも細やか。
その内、音を上げるかなと思いきや、階段まで掃除すると言う。
ん、その気ならとことんお付き合いしましょ。
あわや階段を落っこちぬよう、まみぃの下敷きにならぬよう。
f0384520_23075206.jpg
3歳児いぃちゃんは、おむつもほぼ取れて、日中はお兄ちゃんパンツ着用。
f0384520_23102718.jpg
えっへん。
f0384520_23111295.jpg
この時期の下ちびはとかく、お姉ちゃんには邪魔で、どうかするとぞんざいにされては、
遊んでくれない~~、とか大泣きしたり。
そんな中、お構い無しに黙々一人の世界に入るちぃちゃん、それに倣ってか、下ちび
いぃちゃんも、何やら独り言を呟きながら自分の物語の中に浸り始めてる。

しめしめ今の内、まみぃも、ちぃちゃん達に倣います。^^
とまぁ第一日目、無難に暮れて行きました。
f0384520_23224898.jpg
あくる日は、どきどきの保育園初登園。
車で10分足らず、お天気さえ良かったらお迎えは歩いてもいいな、そんな距離。
園庭には、木々が点々と植わって程よい木陰が心地良し。
f0384520_23273080.jpg
吹き抜けで、全体がサンルームのような、明るい保育室。
送り出した後は、17時のお迎えの合間を縫って、子供達の食べられそうなご飯を
あれやこれや、って今晩のメインはお子さまカレーかな。
f0384520_23441200.jpg
そんなこんなで慣れたかな、と思った頃には早くも両親帰国。
大変だったのは下のいぃちゃんが生まれた頃、ちぃちゃんのお相手をした数日、あれから
3年も経って、二人とも自分でさくさくこなしてくれて、二人とのゆったり時間を思いっきり
楽しんでいる、まみぃでありました。
因みに、“まみぃ”には息子が結構抵抗しまして、仏語のおばあちゃんの意味だと伝えたら
即刻納得して我が家の市民権を得ました。

いまどきは、おばあちゃん、ばあば、まみぃなど、父方母方は勿論のこと、更には大きい
おばあちゃんまで、幼児の周囲にはたくさんの大人が居るので、区別には結構便利しています。

さて、あくる朝は思いっきり散歩。
何しろ、子供達が寝てはいても置いては出かけられませんでしたからね。
f0384520_23343056.jpg
7時の開店を待って、すでに先客。
ここは、“尻尾”の意味のすこぶる美味しいパン屋さん、「Boulangerie Queue」
今日も迷いに迷って、お買い上げ。

両親と言えば、ゆっくりする暇無しに関係施設へ渡航書類の提出とか、もう少しゆっくり
出るつもりだったけど、大人時間にスイッチ、私も便乗してお暇。
f0384520_23523211.jpg
ミッション無事終了のその後は、上野の都美術館へやって来ました。
続く。


[PR]
# by nyan924 | 2018-09-21 23:55 | まみぃの時間 | Trackback | Comments(16)

9月上旬の土いじり

こんにちは、聡です。
f0384520_22364917.jpg
肥後すみれ。
f0384520_22373344.jpg
たった、一芽だけ。
f0384520_22385951.jpg
親御さん、一つだけだけど孵ったよ~。^^
f0384520_22420411.jpg
今年のパンジーと言えば、う・うーーん、な心細いありさま。
大雨で水浸しになるわ、台風を用心して避難させたら、ダンゴ虫に喰われるわ。
なぞと言い訳しながらも、まだ諦めてませ~ん。笑
f0384520_23002846.jpg
一方で、猛々しいまでにお育ち中が、伊良湖の海辺に繁茂していた、仮に1号。
f0384520_22595093.jpg
そして、2号。
名前が判るまでしばし仮名で。
f0384520_23042264.jpg
名残のあいこちゃん。
ブロ友さんの仰せに従い、脇芽をままよ、と直に地面に挿したらめでたく根付き、やがて
美しく実を結び。
但し残念ながら、後にも先にもこの一粒、たったそれだけ、飛び切りの美味しさでした。
f0384520_23121666.jpg
そして、バナナ。
な、訳もなく、何を隠そうこちら黄瓜、ならぬきゅうり。
種が採れたらお慰み。

これを以って、きゅうり処払い、この夏もたくさんの恵みをくれました。
f0384520_23145575.jpg
最後に、先ごろの台風の名残り、日よけの波板が思いっきり破砕。
災害の多かった平成の締めくくりが、台風に地震が重なるこれまた複合の災害でした。
被災の地の、早い復旧をお祈りします。




[PR]
# by nyan924 | 2018-09-11 00:34 | 土いじり | Trackback | Comments(2)

食べるフランス

こんにちは、聡です。
f0384520_23014791.jpg
名古屋駅近く、高島屋デパート開催のフランス展にやって来ました。

物産展なのに、それらしくない落ち着いた佇まいのここは、平たく言えばジャムのお店。
仏北東、アルザスのふんだんな果物から、ひらめきある味を生み出すフェルベール母さんの
コンフィチュールのあれこれ。
f0384520_23312810.jpg
例えば、イチゴにミントを合わせ、あろうことか黒こしょうですって、びっくり~。
後味にほんのりこしょうが立ち上がって、甘ったるさを打ち消していい感じにまとめて
くれました。

なあんてちゃっかり試食しといて、買いません、否、買えませんよこのお値段じゃ。
これ、本国ですと6ユーロ、今のレートで¥800です。
空輸されてここに在るのですから、2倍位は当たり前と心つもりしてたんですけどね。

この値段設定、今回のフランス展全般でしょうか?この先何だか暗雲が・が・が。
f0384520_23532611.jpg
こちらは、バターのブース。
有名なエシレとこのボルディェは、大変お勧めです。
f0384520_23555229.jpg
燻製バターのこれが美味しいです。
が、これももともと3ユーロ(¥400)程度なのに、じきに¥2.000とは。怒
確かに、工場製品でなく画像左のバター作りに使う攪拌棒で、人力でまぜこぜするので
大量生産しない誠実なお店なんですけど・・。

冷えたまんま持ってくるのでこうなんでしょうが、いくらなんでも程度があるでしょ~~。哀
もう少し手の出易い価格に抑えて、酪農国フランスの基本の美味しさを知る機会にすれば
いいのにって、素人考えなのかしら?売れすぎても困るから?
因みに、エシレは半額の約¥1.000、それなら分かるし手も出ようと言うもの。

10年前、2008年の記録があります、比較にはなり難いですがよろしければ覗いて
やってください。


憤懣やるかたないバターの次、いよいよチーズです。
f0384520_23482041.jpg
さてこちら、今回のフランス展に馳せ参じるきっかけになったチーズです。
サファイアさんの美しい、余韻ある記事を挙げさせてください。(勝手up、お許しを~。)
f0384520_00234043.jpg
パリに本店を置く、「Maison de la Truffe」のトリュフを用いたチーズ、の証し。
f0384520_00251021.jpg
このとろとろ感~。垂涎

ブリーチーズ(カマンベールと同じく白カビチーズ)の癖の無さと香りの王様トリュフとの
合わせ業は、きっと白カビチーズをこしらえる地方では挑戦したくなる味なのだと思います。
他を知らないので比較はできませんが、試食でしっかり捕まりました。^^
f0384520_00380767.jpg
よくよく聞くと、L'Epicier がこのチーズ屋さんの店名で、こちらもアルザス地方のいわゆる県庁所在地、ストラスブールが本店だそうです。
日本語のサイトもあるそうですが、まだ見ていません。

お値段は本国の約2倍との事、全うな価格なのも嬉しく購入しました。

農業国であり酪農国であるフランスは、生み出す潤沢で良質な素材と、それを生かす
職人の手練れの技とで飛びっきりの旨さを作り出している。
それが適正な価格で評価されて更に次へ繋がって行って、健康な流通を続けている。

それが、こういう日本ならではの「フランス」の冠をつけたイベントに拠って、不当な
上乗せがまかり通る。(そう思えてならぬ私。)
それを渋々買わされるのも業腹なら、買い控えさせられるのも悲しい。
第一、職人方にも良くないと思うな。

なぁんて、バターも買えない貧乏人が悔しさまぎれに^^;妄想しながら、パン屋さんへ。
f0384520_00402020.jpg
他にはポールが入っていてこれも嬉しい。
名古屋に在ったポールは撤退してから5,6年でしょうか、オリーブを練りこんだバゲットが大好きでしたが、今日は見当たらずオリーブのこちら、オリーブの分どーんと重たい。

以上で、フランス展あえなく終了。
f0384520_00433422.jpg
続いて地階に降りますと、常設のメゾン・カイザー。
ここのバゲットが私の中では1等賞、仏産小麦の旨さが最も生きていると思っています。
今日はマストバイのクロワッサン・ザマンド(アーモンド)を。
以前TVで日本在住の仏人が最も美味しいと思う店、そしてお勧めのパン、とこちらが
紹介されて、すごく嬉しかったのでした。

家に持ち帰れば、さっそく。
f0384520_00482897.jpg
ポールのこれは、2種類のオリーブを使ってるとか、た~っぷりで嬉しい。
f0384520_00500602.jpg
モッツァレラにお供してもらいましょう。
f0384520_00515461.jpg
トリュフのチーズは、ボルドーがお相手。
f0384520_00530877.jpg
敬意を表して、チーズだけ。
f0384520_00542258.jpg
思わぬ宵、トリュフの恵みですね。
f0384520_00560401.jpg
明日から台風襲来の予定がうその様です。
この後、撤収用心怠りなく。

大きな規模と聞いています、皆様もどうかご用心くださいませ。


[PR]
# by nyan924 | 2018-09-03 23:47 | よしなしごと | Trackback | Comments(12)

間違えちゃった(汗)

こんにちは、聡です。

2015年夏の終わりから踏み込んだ雅楽の森を、踏み迷わぬように、自衛の覚書です。
訂正のご指摘など大歓迎です、どうか優しく教えてやってくださいませ。
f0384520_00424120.jpg
∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞※∞∞※∞※∞※∞
手順を間違えました。
この道、まもなく3年を向かえ、まさに油断でした。

玉串奉奠の後、列席の皆様に杯が行き渡る間「浦安舞」を舞う、我々は一人は笛を吹き、
多くの場合笙が太鼓を叩きながら「あめつちの~♪」と歌うわけですが、そのためには
一旦、床机から降りて太鼓前に座ります。

それを、玉串の前にしてしまう、意味が判ってそれなりの緊張と共に動いていればあり得
ない手順なんです。

ここで音を発したわけではなく、何食わぬ顔で元の位置に戻り、列席者には気づかれる事
無く(同業者でなかれば・・。)しかし、新郎新婦方にはとても申し訳ないことでした。
慣れて緩んだんですよね、いかんです。

ところで、玉串。
f0384520_00412776.jpg
お榊に麻ひもで紙垂(しで)をつけて玉串となります。
神事では、白い紙垂ですが、この赤は結婚式だからなのか、今度お聞きします。

そのつど新郎新婦毎に新たなのを巫女さんの手で拵えます。
決して使いまわしはありません。
f0384520_00414364.jpg
神前のお供え。
f0384520_00421968.jpg
海のもの、山(土?)のものをそれぞれ。
組み方を、マネージャーと神主さんとでああじゃない、こうだ、とやっておられました、
その辺りも次回お尋ねしてみましょう。

今日は、失敗を内心でお詫びしつつ2組の新たなご夫婦の船出をお手伝いさせて頂いて、
ありがたいことでした。
f0384520_00432530.jpg
その後、立ち寄ったのが名古屋駅近くのデパート開催のフランス展。

実は、ブロ友さんがupしておられた「トリュフの入ったチーズ」これを見てしまったら
もういけません~。
あんまり美味しそうに記事にされてるんですも~ん。笑

その辺りは次回です。


[PR]
# by nyan924 | 2018-09-02 23:56 | 音のかけら | Trackback | Comments(4)


御大(夫)とみゅた(猫♀)との、 ぱ まる(まずまず)な日々の覚書
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
suzuさん、こんにちは..
by nyan924 at 12:20
肋骨や足の指は何気にヒビ..
by itotohari at 09:18
ukoruさん、おはよう..
by nyan924 at 09:18
susatanさん、お見..
by nyan924 at 09:12
みゅうママさん、おはよう..
by nyan924 at 09:04
luxanさん、おはよ..
by nyan924 at 09:00
もゆさん、おはようござい..
by nyan924 at 08:51
うわー(-。-;、災難で..
by ukoru at 08:15
ぅぅわぁぁん!! めち..
by susatan at 07:24
痛々しいですね€..
by myumama3434301 at 00:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
やっぱり、ひび・・?
at 2018-09-25 22:11
まみぃ、東へ
at 2018-09-21 23:55
9月上旬の土いじり
at 2018-09-11 00:34
食べるフランス
at 2018-09-03 23:47
間違えちゃった(汗)
at 2018-09-02 23:56
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧